より効果的な成長因子

顔に触れる人

アルガンツリーとリンゴ

化粧品に対して関心の高い人の間で近ごろとみに話題に上っているのが幹細胞化粧品です。幹細胞化粧品としてまず普及したのは植物由来の幹細胞を使った化粧品です。その中で特に人気の高い植物にアルガンツリーがあります。アルガンツリーは北アフリカに育つ木で、この木の芽を利用した幹細胞エキスが幹細胞化粧品に使われています。この植物は過酷な環境でも生育することができるので、その芽から抽出した幹細胞エキスエキスにも高い修復効果があるとして人気が集まっているのです。アルガンツリーのほかに、リンゴの幹細胞エキスを使った幹細胞化粧品もあります。といっても普通のリンゴではなく、長く腐敗せず保存できるという性質を持つウトビラー・スパトラウバーという種類のリンゴです。この幹細胞化粧品は特に乾燥肌の方にとって再生を助ける働きもあります。年齢を重ねるにあたって肌は水分がなくなり、乾燥肌になってしまうのです。しかし、近年では、乾燥肌に対する化粧品が多く開発されているので、ぜひ試してみましょう。

ヒト由来も登場

最近、植物由来の幹細胞化粧品以上に注目を浴びているのがヒト由来の幹細胞化粧品です。ヒト幹細胞化粧品は、人の脂肪細胞から取り出された幹細胞を培養して製造されます。脂肪細胞から抽出した幹細胞の中には、成長因子と呼ばれる物質が含まれています。この成長因子が肌の修復や再生を促進するのです。成長因子は年齢が高くなるにつれて減少していく傾向があります。それが肌に老化の起こるメカニズムの一環となっています。そうしたことから、人の脂肪細胞に由来する幹細胞を使った幹細胞化粧品が肌の老化を食い止める働きをすると期待されているのです。化粧品に人から抽出された成分を使う場合には厚生労働省による基準を満たす必要があります。現在販売されているヒト幹細胞化粧品はその基準に合格したものですが、購入の際には念のためにホームページなどで基準に合格していることを確かめるとより安心です。